通常 
menu

一般社団法人
日本病態栄養学会事務局

通常 

学会認定

実地修練施設申請

がん病態栄養専門管理栄養士研修実地修練施設申請要項

お知らせ
  • 2019年度より当面、当該施設の認定は通年随時申請を受付けます。
  • 審査は年2回行い、認定日は理事会承認後の10月1日、認定期間は5年間です。
  • 本会が認定した、がん病態栄養専門管理栄養士研修指導師が、常勤する施設長(病院長)の許可を得て当該施設を実地修練施設として申請することが出来ます。
  • 当該施設に認定されることにより、がん病態栄養専門管理栄養士申請要件の1つである所定の研修を自施設で行うことが出来ます。
実地修練施設の概要

がん病態栄養専門管理栄養士研修 実地修練施設(以下、施設)は、がん病態栄養専門管理栄養士の取得を目指す管理栄養士に対して、指導師による指導体制のもと本規約に定めるカリキュラムに基づく研修が可能であり、がん患者の栄養管理に関する豊富な知識と管理能力を有するがん病態栄養専門管理栄養士の育成に供することが出来ると本学会が認定した施設である。

実地修練施設の申請条件(本制度規約第14章)

(1)がん診療拠点病院あるいは、本学会が必要と認めた施設であること。
(2)年間のがん新患患者数が200例以上の施設であること。
(3)指導師の責任の下に十分な指導体制が取れること。
(4)研修カリキュラムに基づく研修が可能であること。
(5)NSTによる栄養管理を実施していること。

2.前1項(4)における研修カリキュラム、到達目標など実地修練の具体的な研修内容と方法は別途附則に定める。

3.前1項の条件を満たさない場合であっても、都度審議のうえ委員会が承認した施設については申請することができる。

申請方法

1.[申込み]指導師より 以下を記載して cancer[at]eiyou.or.jp ([at]を@に置き換えて下さい。) あてにe-mailでお申し込み下さい。

(1)メールの件名に「がん実地修練施設認定申請申込み」
(2)メールの本文に ①氏名 ②会員番号 ③指導師認定番号

2.[郵送]事務局より 申請料払込票申請書類郵送専用封筒を指導師あてに郵送します。

  • 上記1.のメールお申込みがないと郵送は出来ません。
  • 上記書類の郵送をもって申請申込みメールの受信確認と代えさせて頂きます。
    着信確認をご希望の場合は、送信するメールに開封確認の要求を設定して下さい。
  • 郵送先は、すべて当会に登録された「送付先(自宅か勤務先)」のみとなります。

3.[申請書類]指導師ご自身で

本会ホームページ→会員用マイページにログイン→〔資料ダウンロード〕タブの〔各種認定申請書類〕■がん病態栄養専門管理栄養士>実地修練施設〔申請〕より申請書類をダウンロードして、お使いのPCへ保存してから、作成して下さい。

4.[審査料の振込みと申請書類送付]指導師より

(1)申請料(30,000円)は、事務局から郵送した専用払込票でお振込み下さい。(その他の送金方法は不可)
(2)申請書類は、事務局から郵送した専用封筒を使用して簡易書留でご郵送下さい。
(3)申請書類は、必ず審査料のお振込み後に払込票のコピーを申請書の該当頁に貼付してから郵送して下さい。
(注)審査料払込前に、申請書類を郵送しないで下さい。

審査と合否通知

委員会は年2回審査を行い合否の判定を理事長へ報告し、理事会承認の議を経て、当該施設の指導師あてに結果を通知します。

認定証(合格の場合)

認定がん病態栄養専門管理栄養士研修実地修練施設証を当該指導師あてに送付します。

認定日と期間

理事会承認後の10月1日から5年間です。(認定期間満了は、5年後の9月30日)

申請書類送付およびお問い合わせ先

一般社団法人日本病態栄養学会事務局 がん実地修練施設申請係り
e-mail: cancer[at]eiyou.or.jp(専用アドレス) ※[at]を@に置き換えて下さい。
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-13-11 栄ビル5階
TEL (03)5363-2361  FAX (03)5363-2362

関連リンク

日本医学会

日本医学会連合

日本医学総会

日本糖尿病協会

第23回年次学術集会