通常 
menu

一般社団法人
日本病態栄養学会事務局

通常 

学会認定

がん病態栄養専門管理栄養士

がん病態栄養専門管理栄養士とは条件申請と認定方法関連リンク

がん病態栄養専門管理栄養士とは

がん病態栄養専門管理栄養士とは、がんの栄養療法に関する専門的知識を有するとともに、研究や臨床で求められる高い倫理性、情報収集能力、対人関係形成能力、洞察力を合わせ持ち、がんサバイバーの身体機能の向上やステージに応じた栄養療法に関する高度な知識と技術を有する管理栄養士である。また、医療チームの一員として、がん患者への円滑な治療を推進すべく、栄養に関わる問題の解決策について多職種に対し提議、提案を行い、がん患者や家族に対する実践的な栄養指導を担うものである。

1)がん患者の栄養障害を適切に評価・予測し、がんの罹患部位や症状、手術療法、化学療法、放射線療法等、治療に伴う有害事象の軽減に向けて、個々に応じたきめ細かな栄養管理、栄養指導ができる。
2)治療中・治療後の薬物療法やリハビリテーション、個人の体質・、心理等を考慮した生活療養の指導を行うことができる。
3)がんの病態に応じた栄養素等の代謝を理解し、輸液・経腸栄養を含めた栄養の投与に関する提案と調整ができる。
4)がん患者における摂食・嚥下障害の発生要因に関する知識を有し、その食形態の提案と調整ができる。
5)緩和ケアに関する知識を有し、全人的な視点に立った支援ができる。
6)最新の栄養情報や臨床情報・ガイドライン等を、国内外のデータベースや文献から得て活用できる。
7) がんの予防や診断・治療における問題を抽出し、科学的に解析するとともに、新たなエビデンスの構築に向けて情報の発信ができる。
8)以上のような高度な知識及び技術を有する者として、いずれのステージにおいてもがん治療が効果的に継続できるように努めるとともに、実践内容の検証、改善及びその発信を通じて、がん栄養療法の向上に大きく貢献することができる。

がん病態栄養専門管理栄養士の条件

がん病態栄養専門管理栄養士を申請する者は,次の条件を全て満たすことを要する。

(1)日本国の管理栄養士免許を有し、管理栄養士としての人格と見識を備えていること。
(2)本学会および日本栄養士会の会員であること。
(3)申請年度分までの両会年会費を完納していること。
(4)本学会認定「病態栄養専門または認定管理栄養士」または、日本栄養士会認定「臨床栄養認定管理栄養士」を取得していること。
(5)本学会が認定した実地修練施設において研修カリキュラムに基づき通算2年以上の研修を受け、これを修了していること。
(6)過去3年以内に実地修練施設で行ったがん患者の栄養管理実績のうち下記の5症例を有すること。 以下A区分より3分野4症例B区分より1症例
A:
  ①呼吸器がん、頸頭部・口腔がん、脳腫瘍
  ②消化管がん(食道、胃、大腸)
  ③肝胆膵がん
  ④婦人科がん、泌尿器科がん、乳がん
  ⑤内分泌系がん(副腎、甲状腺など)、血液がん、その他
B:
  ①緩和ケア
  ②在宅医療

(7)本学会および日本栄養士会が認定する、がん領域の認定単位を30単位以上取得すること。単位取得の方法と単位数は、“申請・更新細則”に別途定める。

がん病態栄養専門管理栄養士の申請と認定方法

がん病態栄養専門管理栄養士認定を申請する者は、次の書類を委員会に提出する。

(1)受験申請書・履歴書(本学会申請書類の所定様式)
(2)本学会認定「病態栄養専門または認定管理栄養士」または日本栄養士会認定「臨床栄養認定管理栄養士」認定証(写)
(3)実地修練施設研修カリキュラム修了証(本学会所定様式)
(4)5症例報告(本学会申請書類の所定様式)
(5)取得申請単位計算書
(6)申請単位の取得を証明する書類(指定講習、セミナー等の受講証や学会発表抄録、論文など別途細則に定める対象活動)

審査

委員会は年1回申請書類および症例と試験によって審査を行う。
当該年度分の申請受付は毎年学会ホームページで会告する。
※会告前の申請申込みは不可

申請料

30,000円

関連リンク

日本医学会

日本医学会連合

日本医学総会

日本糖尿病協会

第23回年次学術集会